ファンケルのえんきんとスマホえんきん、あなたにはどっちがおすすめ?

ファンケルのえんきんとスマホえんきん、どっちを買うか迷ったら?「老眼」対策のための2つのサプリメント、どんな違いがあるの?

 

最近、近くの物が見えにくくなったと感じはじめた中高年におススメのサプリ、『えんきん』はルテイン、アスタキサンチン、DHAなどの有効成分があなたの目の健康をサポートするファンケルのサプリメントです。

 

えんきん スマホえんきん

えんきん

 

30代〜40代以降の目の疲れにはこれ!

 

内容量

28粒/約14日分×2袋

 

価格

1000円

約35円/一日あたり

 

スマホえんきん

 

パソコンやスマホによる目の疲れにはこれ!

 

内容量

28粒/約14日分×2袋

 

価格

780円

約27円/一日あたり

 

 

『えんきん』ってどんなサプリ?

年を取ってくると体のあちこちに老化現象が出始めますが、眼の調節機能が衰えて近くが見えづらくなる老眼もその一つでしょう。近くを見るとぼやけてしまうのは、水晶体が硬くなってピントがズレてしまうためです。その点、近視などとは異なるし、老眼の厄介な点でもあるでしょう。

 

また老眼になると何かを見ようとする時に体も力みがちになるので、目が疲れるのは勿論、体にまで疲労感が溜りやすくなるものです。その見えにくくなった視力を調節するために多くの人が老眼鏡に頼る訳ですが、何年か使っているうちにそれも合わなくなって、更に度数の強いメガネに買い替えることになってしまいます

 

ブルーライトの影響で眼精疲労を訴える人が増えている

 

「自分が老眼になるのはまだずっと先の話」...若い人はそう思っているかもしれません。しかし目の老化現象は既に30歳代から次第に現れ始めるので、のんびり構えてもいられないでしょう。その上、PCやスマホを使うのがごく当たり前となった昨今、ブルーライトの影響で目を痛める人も多く、それが子供達の間にまで広まっています。子供がスマホに熱中するあまり視力が落ちてしまったと言うのもよく聞く話でもあり、今やそれが大きな問題にまでなっている程です。

 

また目が悪くなれば肩が凝ったり首も疲れやすくなってくるので、PCを操作したりスマホを使うのも苦痛になってきますし、増してや新聞や書籍のような活字に目を通す気などなれないでしょう。

 

眼を使い過ぎればその分、ドライアイがひどくなったり眼精疲労も蓄積しますが、それを癒すために目薬を使ったり、ブルーライトをカットするPC用のメガネで目を保護することが、世間では一般的になっています。同時に目に良いとされる成分の入ったサプリメントを補給して、疲れ目などのトラブルの対策にしようと考える人も少なくないようです。これはサプリメントの含有成分の働きで目の調整力を改善させて視界をハッキリさせると同時に、視力悪化に伴う肩こりなど身体への負担を軽くしたいという思惑があるからでしょう。

 

現にその種のサプリは既に幾種類も登場してきていますが、その中でも特におススメなのが、ファンケルのブルーベリーサプリ「えんきん」です。

 

米国で注目の成分、ルテインがたっぷり

 

目の健康をサポートするサプリと聞いて、大抵の人がまず思い浮かべるのが、ブルーベリーエキス配合の製品でしょうか。それくらい日本では目に良い植物としてのブルーベリーのイメージが定着しているのですが、米国などではそれよりもルテインを重要視する傾向があるそうです。

 

えんきんにはブルーベリーはもとより、このルテインも豊富に含まれています。そのためえんきんには眼精疲労を取り除いて目の調整力を高めることは勿論、血行を促進させたり網膜を強化するといった働きもあるのです。ですから単なるブルーベリーサプリでは得られない効果を期待することが出来るでしょう。

 

他にも目に優しい成分がこんなに入っている

 

これらルテインやブルーベリーの他、えんきんには目の健康増進に役立つ成分が沢山含まれています。例えばブルーベリーが目に良いとされるのは、アントシアニンが豊富に含まれているためですが、えんきんではブルーベリーに加えて黒大豆種皮エキスも配合してアントシアニンを充実させています。

 

更に加齢によって機能が衰えていく目をルテインと一緒に助けてくれるアスタキサンチンや、これもまた目の健康に有益だとされるDHAもプラスすると言った具合に、中高年の「見る力」の心強い味方となってくれる成分がしっかり配合されているのです。

 

老眼対策は機能性表示食品のえんきんで

 

現代人は眼精疲労やドライアイを起こしやすい環境の中で暮らしています。えんきんはそれらのトラブルを防止したり改善させ、更に網膜を健全な状態に保って視力の悪化を防ぐ効果があるサプリなのです。特に目の良い人と比べて視力の落ちた人は不調が現れてもそれを自覚するのが遅かったり、眼精疲労に鈍感だったりするので、是非これを役立てて貰いたいものです。

 

世の中に何種類も出回っている同種のサプリメントの中でも、えんきんは機能性表示食品であるという点でとりわけ信頼性の高い製品だと言えるでしょう。つまり、えんきんの機能性には科学的な根拠があると言うことです。

 

また目の使い過ぎとは別に、加齢によって見る力が衰えるという問題もありますが、たとええんきんをもってしてもこうした老化現象を防ぎきることは出来ません。それでも目を健やかにして老化のスピードを遅らせる効果は期待できるでしょう。

 

若い人のスマホ老眼に「スマホえんきん」、中高年の老眼には「えんきん」

えんきん スマホえんきん

えんきん

 

30代〜40代以降の目の疲れにはこれ!

 

内容量

28粒/約14日分×2袋

 

価格

1000円

約35円/一日あたり

 

スマホえんきん

 

パソコンやスマホによる目の疲れにはこれ!

 

内容量

28粒/約14日分×2袋

 

価格

780円

約27円/一日あたり

 

 

長時間スマートフォンに夢中になった後で顔を上げて屋外を眺めたら、景色がかすんで見えた...たった今までスマホの画面を見ていた時は違和感なかったのに、室内を見渡したら家具の輪郭がはっきり見えない...そんな経験をしたことはありませんか?

 

こうした症状を「スマホ老眼」と言い、昨今は特に若い人たちの間で目立つようになってきました。スマホ老眼は、目のピント調節機能が疲労によって低下することで起きる症状です。スマートフォンやPCを長く操作した後で他に視線を移すと、それまで画面までの距離に合わせていたピントを上手く調節できなくなるという訳です。

 

このピンボケ状態も少し時間を置くと解消しますが、放置しておくのは問題でしょう。それと言うのもスマホ老眼が悪化すると一気に視力が低下したり、網膜剥離や緑内障を併発する可能性もあるからで、これに対する防止策や改善策などの対策も講じておく必要があります。

 

サプリメントで目のピント調節機能をアップ

 

そうした対策の一つにピント調節機能を助ける成分が配合されたサプリメントを服用するという方法があります。中でもおススメなのが、調節機能を回復させて眼精疲労を軽減させるアントシアニンをたっぷりと配合したファンケルの「スマホえんきん」でしょう。

 

このサプリの特徴は、アントシアニンを赤色液果類の中でも含有量が多いとされるビルベリーから抽出している点だと思います。仕事柄PCを使う機会が多いとか、年中スマートフォンが手放せなくてスマホ老眼になり、何時も疲れ目に悩まされているという人に適しています。

 

ところでファンケルは、上記で説明しているピント調節機能を高める働きのあるサプリメントとして、「えんきん」という製品も販売しています。こちらはスマホ老眼でなく、加齢による老眼の人を対象としていて、ルテインやアントシアニン(シアニジン-3-グルコシド)、DHA、アスタキサンチンといった有効成分が、近くの物を見る時の目の調節力をサポートしたり、老眼に伴う肩こりや首筋の痛みも軽減させてくれる効果があるとされています。

 

細かい文字が見えづらいとか、本を目から離さないと読めない、或いは対象物へと焦点を合わせる際に遠近の調節が上手くいかないといった人のためのサプリメントです。

 

より安く買うなら定期お届けサービスで、お得な「お試し2週間分」もある

 

そのスマホえんきんとえんきんのお値段ですが、スマホえんきんの方が3割程度安くなっています。一般的な60粒入りサイズ60粒入り1袋の通常販売価格を挙げてみましょう。

 

  • スマホえんきん  1,563円 
  • えんきん     2,160円

 

但し、定期お届けサービスを利用した場合、

 

  • スマホえんきん  1,406円
  • えんきん     1,944円

 

で購入できます。これらを1日当たりのコストに直してみると、1袋60粒入りは30日分に相当するため、

 

スマホえんきん

  • 通常販売価格    約52円
  • 定期お届けサービス 約47円

 

えんきん

  • 通常販売価格    約72円
  • 定期お届けサービス 約65円

 

となります。

 

これらの入手方法以外にも、初めて購入する人1回限りという条件付きで、1袋28粒入りのサイズを2袋セットで販売する「お試し2週間分」も用意されています。こちらは1袋14日分なので、2つ合わせて28日分になりますが、価格はスマホえんきんが780円、えんきんの方は1,000円と、かなりお得になっています。

 

「最近、目がかすんで...。」と悩んでいるのなら、このお試し2週間分から始めてみてはいかがでしょうか? 但し、どちらを選んでも同じという訳ではなく、スマホえんきんはスマホやPCで目を使う15歳以上45歳未満の人向けで、えんきんは老眼が気になる45歳以上の人を対象にしています。ですから症状より年齢を基準に選択するのが良いでしょう。

 

尚、この2つのサプリは何れも消費者庁に届け出のされた機能性表示食品です。つまり科学的な根拠のある機能性を持つ食品という訳ですが、その科学的根拠については消費者庁のサイトや販売元の公式サイトでも配信されているので、詳細を知りたければチェックしてみることが出来ます。

 

おしまいに

ぼやけた視界、肩こり、首筋の痛み、度数が重くなる一方の老眼鏡...そんな鬱陶しさを感じながらも「老化には逆らえない」と何も手を打たずにそのまま我慢し続けますか?

 

そんな辛さを少しでも和らげて、出来るだけ自分の目で物を見たいと思うなら、目のピント調節をサポートしてくれるえんきんを一度試してみるようおススメします。

 

おすすめサプリ紹介

すっぽん小町の口コミと効果
すっぽんサプリ「すっぽん小町の」紹介サイト
酵水素328選生サプリメントの効果
酵水素328選生サプリや酵素ドリンクの紹介
えんきんの効果と正しい飲み方
ファンケルのアイケアサプリ、えんきんの紹介
肥後すっぽんもろみ酢の口コミと飲み方
人気のすっぽんサプリ「肥後すっぽんもろみ酢」について紹介
モリモリスリムの効果と口コミ
便秘茶「モリモリスリム」のお試し購入方法を紹介

えんきん スマホえんきん

えんきん

 

30代〜40代以降の目の疲れにはこれ!

 

内容量

28粒/約14日分×2袋

 

価格

1000円

約35円/一日あたり

 

スマホえんきん

 

パソコンやスマホによる目の疲れにはこれ!

 

内容量

28粒/約14日分×2袋

 

価格

780円

約27円/一日あたり

 

2018/05/06 15:28:06 | えんきん完全ガイド
サプリメントの販売業者が自社製品を公告する際の表現方法には、一定の制約が課せられています。そのサプリが人体に何らかのプラスの作用を与えて健康の維持増進に役立てるために開発された製品であっても、健康増進法や薬事法の定めによって、そうした機能性を表示してはいけないことになっているからです。例えばブルーベリー等を配合して目の機能改善に役立てるために作られたサプリメントの場合、広告文への記載が許されるのは「ハッキリ」「スッキリ」「クリア」「くっきり」といった抽象的な語句に留まります。こうした規制が設けられているのは、サプリメントはあくまで食品であって医薬品ではないためですが、具体性に乏しい表現しかでき...
2018/04/25 21:38:25 | えんきん完全ガイド
普段から楽天やアマゾンなどの通販サイトを利用している人はかなりの数に上るでしょう。大手健康食品メーカーのファンケルの商品なども豊富に揃っています。ですから話題のサプリえんきんが欲しい時にも、他の商品を購入する際に一緒に頼めば良いと考える人も少なくないようです。確かにポイントも上手く使いこなしたいのなら、それも一つの方法かもしれません。しかしより少ない金銭的負担でえんきんを買うのなら、大手のネット通販よりも公式サイトで注文するのが正解です。公式サイトなら、これだけ安く買えるえんきんにも少量サイズやお徳用3袋セットなどの種類がありますが、最もスタンダードなのは60粒入り30日分のサイズだと思います...
2018/04/25 21:32:25 | 目のトラブルと対策
人間の目には毛様体筋という筋肉があり、何かを見る際には焦点が合うように目のレンズの部分にあたる水晶体の厚みを変えて遠近の調節を行っています。しかし年齢を重ねるとこの毛様体筋が緩くなると同時に、水晶体自体が硬直化してしまうため、厚みを調節できなくなります。そうなると近くにある物体を捉えようとしてもピントが合わず、眼底の上で正確に像を結ぶことが出来なくなって、ハッキリと物が見えないという現象が起きるのです。これが即ち老眼という訳です。老眼になると何かを見る際にもピントを瞬時に合わせることが難しくなり、手元にある物が見えづらくなってしまいます。、例えば本を手に取る時にも目から遠ざけて持つようになるの...
2018/04/25 21:31:25 | えんきん完全ガイド
中年と呼ばれる年齢になってから、近くが見えづらくなり、本を読むときなどはどうしても目から離してしまう...ふとテレビを見たら、CMで自分と同じように手を伸ばして物を見る仕草をする人が映っていて苦笑いしてしまった、なんて人もいるかもしれませんね。ただ「目のピントが合うようになれば、今よりもっと楽に活字も読み取れるようになるだろう」と思うのか、それともCMに触発されるのか、話題のサプリえんきんを買い求める中高年が増えているようです。特にその機能性が臨床試験で科学的にも証明済だと聞けば尚更、期待したくなるのかもしれません。一方で、えんきんのお値段は決してお手軽とは言えませんし、たとえ他の人には効果が...
2018/04/25 21:31:25 | えんきん完全ガイド
えんきんはお薬のように何時に飲むべき、といった決まりはありません。販売元の説明でも、都合の良い時に飲んで構わないとしています。それでも服用の仕方を誤ると期待した程の効果が得られないことがあるので、以下の説明を参考にして下さい。別の薬を常用している場合には、まず主治医の意見を聞くことえんきんと他のサプリメントとを併用しても特に支障はないとされていますが、心臓病で薬を投与されているとか血圧の薬を服用中の場合には、飲み合わせが良くないことがあります。併用する際は万一のことを考えて、事前に主治医や薬剤師と話し合っておくべきです。定められた服用量を超えて飲まないことえんきんの摂取目安量は1日あたり2粒で...
2018/04/25 21:31:25 | えんきん完全ガイド
手元がぼやけてきたと感じるシニア世代の間で、目のピント調整をサポートするサプリとして注目されているファンケルのえんきん。メディアで紹介されたこともあって、人気も一層高まったようで、それまで使っていたサプリを止めてえんきんの愛用者になったという人も少なくないのだとか。しかし初めて飲むサプリというのは、自分にあっているのか不安になりますよね。特に気になるのは副作用。安全に利用するためにも服用前には成分や注意事項を確かめておかなくてはなりません。副作用が出る可能性は低いえんきんの含有成分は食物由来ということもあって、副作用に関しては特に気にする必要はなさそうです。実際にこれまで大きな問題となるような...
2018/04/25 21:31:25 | えんきん完全ガイド
目の調節機能が衰え、近くが見えにくくなる老眼。40歳代にもなると多くの人がそんな目の異変を感じるようになるでしょう。それに加えて眼精疲労などで体調も何となく優れなくなった、と感じる人も少なくないようです。PCやスマートフォンの普及で「労眼」になる若者が続出老眼の症状が出始めるのは30代半ば以降とされていますが、今はそれより若い世代でも慢性的な眼精疲労に悩まされたり、視界がぼやけると訴える人が増えているそうです。そんな人は「この年で老眼!?」と慌てふためいたりするようですが、実はこれは「老眼」ではなく、目を酷使したたために起きる「スマホ労眼」という症状なのです。若い世代の間にまでこうした症状が出...
2018/04/25 21:31:25 | えんきん完全ガイド
老眼で手元が見えにくくなった中高年達の間で「飲むと目の調子が良くなる」と話題になっているサプリメント「えんきん」。これが評判になったのは、加齢と共に衰える目の調節力の改善に重点を置いて開発されたからサプリだからでしょう。また公式サイトでも「臨床試験済!」と大きく書かれている通り、えんきんは消費者庁に届け出を行った機能性表示食品でもあります。効果の上では特定保健用食品には及ばないものの、安全性や機能性においては信頼に値する商品だと言えるでしょう。実際、含有成分を見てもルテインやアントシアニンなどが豊富に含まれているので、仕事などで目を酷使しがちな人には相応しいのではないでしょうか。アントシアニン...