長いことスマートフォンを操作し続けていると、何故目のピント調節機能が低下するのか

人間の目には毛様体筋という筋肉があり、何かを見る際には焦点が合うように目のレンズの部分にあたる水晶体の厚みを変えて遠近の調節を行っています。しかし年齢を重ねるとこの毛様体筋が緩くなると同時に、水晶体自体が硬直化してしまうため、厚みを調節できなくなります。そうなると近くにある物体を捉えようとしてもピントが合わず、眼底の上で正確に像を結ぶことが出来なくなって、ハッキリと物が見えないという現象が起きるのです。これが即ち老眼という訳です。

 

老眼になると何かを見る際にもピントを瞬時に合わせることが難しくなり、手元にある物が見えづらくなってしまいます。、例えば本を手に取る時にも目から遠ざけて持つようになるのも、水晶体の厚み調節できないためです。

 

 

まだ若くてもスマートフォンで「老眼」に

 

老眼の最大の原因は加齢です。年を取ればどんな人でも老眼になり、40代半ば頃には大抵の人が目の調節力に不具合を感じるようになります。しかし実際には本人が意識していなくても30代から老眼は徐々に進行しているのだそうです。

 

ところが今、30代若しくはそれよりも下の年代でもピント調節機能に支障が出る人が続出しているのだと言います。但しこちらは長時間に及ぶPCやスマートフォンの操作による目の疲れがの原因であるという違いがあります。

 

所謂「スマホ老眼」ですが、まだ未成年のうちから「スマホを何時間も見つめた後で顔を上げたら、周囲の景色がピンボケ状態になっていた」「離れた場所にある物の形状がハッキリせず、視点を至近距離まで移しても不鮮明にしか映らない」と訴えるケースも少なくありません。

 

更には目の不調だけでなく、肩こりになったり頭や首筋に痛みを覚えることさえあります。

 

老眼やスマホ老眼になった時の対処法

 

老眼とスマホ老眼には年齢や原因以外にも違いが見られます。老眼の人の水晶体は弾力性が失われた状態になっているのに対し、スマホ老眼の人の水晶体の柔軟性は保たれています。にも拘らずスマホ老眼で目のピント調節機能が落ちるのは、毛様体筋が疲弊してしまって水晶体の調節が円滑に行われないためです。一方、加齢による老眼によるピント調節機能の低下の原因は、毛様体筋の老化ではないとされています。

 

ただ老眼になった場合でも、生活習慣を改善するなどの対策を取れば症状を緩和させたり、目の機能が低下する速度を遅らせることが出来ない訳ではありません。更にレーシック手術等を受ければ、よりハッキリとした視界を取り戻すことが期待できます。

 

他の眼病を誘発するリスクのあるスマホ老眼

またスマホ老眼については、毛様体筋がスマホの画面にピントを合わせたままが疲弊して起きる症状なので、画面から目を離した時点でピント調節が上手くできなかったとしても、暫く休めば自然と回復していくと言われています。

 

しかしこの状態がその時限りでのものでなく、本当に視力が悪化してしまっていることもあり得ます。また暫定的な症状であっても、予防策などの必要な措置を取らないまま、そうした状態が繰り返されると、ピントが近距離で固定化されることにもなりかねません。

 

特に近眼の人が更にスマホ老眼にもなると、以前から悪かった視力が一層悪化したり、長期的には網膜剥離とか緑内障といった眼病を併発する恐れすら出てくるでしょう。こうした事態を回避するためにもスマホ老眼は予防するに越したことはないのです。

 

目は人間の極めて重要な感覚器です。幾らPCやスマホが生活に欠かせないと言っても、前途ある若い人が目を傷めてしまえば大きな損失になることは言うまでもありません。後で取り返しのつかないことにならないためにも、これらの機器の操作をする際にはスマホ老眼対策を怠らないことが肝要です。

 

また若い人だけでなく老眼が始まった世代の人でもスマホ老眼になる危険性があります。中高年がスマホ老眼になってしまうと、既に始まっていた老眼の悪化するスピードが速くなる上、目がひどくかすんだり重い眼精疲労に悩まされることになるで、こちらも要注意です。

えんきん スマホえんきん

えんきん

 

30代〜40代以降の目の疲れにはこれ!

 

内容量

28粒/約14日分×2袋

 

価格

1000円

約35円/一日あたり

 

スマホえんきん

 

パソコンやスマホによる目の疲れにはこれ!

 

内容量

28粒/約14日分×2袋

 

価格

780円

約27円/一日あたり