トクホや表示のないサプリとの相違点はどこにあるのか?

サプリメントの販売業者が自社製品を公告する際の表現方法には、一定の制約が課せられています。そのサプリが人体に何らかのプラスの作用を与えて健康の維持増進に役立てるために開発された製品であっても、健康増進法や薬事法の定めによって、そうした機能性を表示してはいけないことになっているからです。

 

例えばブルーベリー等を配合して目の機能改善に役立てるために作られたサプリメントの場合、広告文への記載が許されるのは「ハッキリ」「スッキリ」「クリア」「くっきり」といった抽象的な語句に留まります。こうした規制が設けられているのは、サプリメントはあくまで食品であって医薬品ではないためですが、具体性に乏しい表現しかできないことから、選ぶ側としては商品の購入の是非を判断する情報が限られることになるでしょう。

 

 

2015年に新設された機能性表示食品とは?

 

しかし同じサプリメントでも保健機能食品制度の下で機能性を表示して販売することが認められている食品もあります。

 

それはその食品の安全性や有効性、機能性に関して国から個別に審査を受けて許可を得た「特定保健用食品」。国が設定した栄養成分に関する規格基準を満たした「栄養機能食品」。そして2015年の4月に新たに設けられた「機能性表示食品」です。

 

ここで紹介するえんきんやスマホえんきんの2つのサプリは、最後の機能性表示食品に該当します。機能性表示食品とは臨床研究などを経て、特定の保健の目的が期待できるとして、消費者庁長官に届け出がされた食品のことです。この届出は販売者側の責任について行うものとされていますが、届け出が受理されれば機能性を表示することが認められる訳です。

 

購入者側にも分かりやすい表示

 

因みにえんきんの機能性関与成分はルテイン、アスタキサンチン、DHA、シアニジン-3-グルコシド(アントシアニン)であり、届出表示には「手元のピント調節機能を助ける」ことや「目の使用による肩・首筋への負担」の軽減が謳われています。

 

このように記載されていると単に「クリア」「ハッキリ」などと表示する場合と比べて、選ぶ側にも格段に商品の特徴を掴みやすい表現になることが分かりますよね。購入者にしてみれば機能性を把握した上で商品を選ぶことが出来るし、販売元にしてみれば顧客の購買意欲を刺激できるという利点が得られる訳です。

 

必ずしもメリットばかりではない

但し販売者としては届け出をして表示する以上、その分負担すべき責任も大きくなります。しかも「トクホ」こと特定保健用食品のように個別に審査を受けている訳でもないので、機能性や安全性への信頼という点ではトクホに劣るでしょう。

 

また機能性表示食品には科学的な裏付けがあると言っても、その基礎となった臨床研究での数値も販売者側の判断によって「根拠」としたものです。ですから同じ研究結果でも別の視点から捉えた場合、全く異なる評価を受けることだってありうる訳です。

 

確かに機能性表示食品の肩書があれば顧客の注意を惹きやすくなりますが、だからと言って表示のない他のサプリメントが無価値だということにはならないでしょう。また表示が認められていると言ってもトクホ程のアピール力はないので、どっちつかずの印象は拭えません。

 

とは言え、表示があればそれと合致する目的を持つ顧客を刺激することが出来るし、顧客としても機能改善に臨みやすくなることは言えると思います。

 

尚、機能性表示食品の届出にあたっては、その根拠となる臨床研究での数値などの情報を提出することになっています。提出された情報は当該事業者や消費者庁が運営するウエブサイトでも配信されているので、関心のある人はそちらでチェックことも出来るでしょう。

えんきん スマホえんきん

えんきん

 

30代〜40代以降の目の疲れにはこれ!

 

内容量

28粒/約14日分×2袋

 

価格

1000円

約35円/一日あたり

 

スマホえんきん

 

パソコンやスマホによる目の疲れにはこれ!

 

内容量

28粒/約14日分×2袋

 

価格

780円

約27円/一日あたり